ブログトップ | ログイン

ZERO PLANTS / BLOG

持続可能な室内ガーデニングや個性豊かで魅惑的な熱帯植物、食虫植物をはじめ自動ミストシステムなどをご提案致しております。


by ZERO PLANTS
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

New arrival plants | 新掲載植物 レパンテスっていう可愛い小型着性蘭

本日は昨日掲載致しました南米原産の小型着性蘭レパンテスなどをご紹介~

● Lepanthes tentaculata [ レパンテス・テンタキュラータ ]
● Lepanthes orchestris [ レパンテス・オルケストリス ]
● Lepanthes dictydion [ レパンテス・ディクティディオン ]
● Lepanthes uxoria [ レパンテス・ウクソリア ] 
● Lepanthes calodictyon [ レパンテス・カロディクティオン ]
● Lepanthes meniscophora [ レパンテス・メニスコフォラ ]
● Lepanthes tortilis [ レパンテス・トルティリス ]
● Lepanthes terborchii [ レパンテス・テルボルキィ ] 
● Trisetella cordeliae [ トリセテラ・コーデリアエ ]
● Trichoglottis pusilla [ トリコグロッティス・プシラ ]
● Fernandezia maculata [ フェルナンデズィア マクラタ ]
● Dichaea hystricina [ ディカエア・ヒストリシナ ] 


では、さっそく

d0376039_21595517.jpg
Lepanthes tentaculata
レパンテス・テンタキュラータ
レパンテスっていう蘭を知らなくても目を惹かれてしまう品種。
葉脈模様と葉を縁取るフリルが可愛らしい。
本種は花を楽しむより柄を楽しむ的なレパンテスですね。



d0376039_23490203.jpg
Lepanthes orchestris
レパンテス・オルケストリス
葉質はマットな感じ。ピンクカラーが可愛らしいレパンテス。
よく見るとカラーの濃淡が綺麗ですね。


d0376039_23511950.jpg
Lepanthes dictydion
レパンテス・ディクティディオン
本種は葉裏に花が着くタイプのレパンテス。
葉裏模様はまさにスイカのようで花はレッドとイエローが綺麗で小さくても存在感がありますね。
d0376039_23552604.jpg
あまり見えないところが美しいレパンテスですが
若干反るように着性するところが憎めない、、。



d0376039_23561966.jpg
Lepanthes uxoria
レパンテス・ウクソリア
本種は当店でもいつかは取り扱って見たいと思っていた品種。
鮮やかなオレンジカラーで角のような形状と中央のレッドがよく映える美麗種。
葉裏とのコントラストがとても印象的です。
ちょっと残念なのが本種も葉裏に花が着くタイプ、、。
美しさには変わりはありませんので是非、と~ってもお勧めな品種です。



d0376039_00040740.jpg
Lepanthes calodictyon
レパンテス・カロディクティオン
テンタキュラータと並んで人気レパンテス。
本種の特徴は見てのとおりですね、真紅の花がとても映えます。



d0376039_00062099.jpg
Lepanthes meniscophora
レパンテス・メニスコフォラ
ディープパールとホワイトの対比がとても妖艶、まさに蘭っていう形状が素敵ですね。
本種は他品種と比較すると葉がシャープなところも特徴的。
今回販売株は株としてもしっかりとた大株ですのでとてもお勧めです。




d0376039_00103847.jpg
Lepanthes tortilis
レパンテス・トルティリス
なにかのキャラクターみたいで可愛らしいイエローオンレジの花。
d0376039_00120011.jpg
本種は葉先がとても細くなる形状が特徴的で葉の表面も凹凸があり存在感があります。
本種はレパンテスの中でも大型種のように思われます。




d0376039_00134367.jpg
Lepanthes terborchii
レパンテス・テルボルキィ
ご覧のようにとっても個性的な花を着けるレパンテス。
これもレパンテス?って言いたくなるほど他と比較しても異彩を放っております。
d0376039_00151339.jpg
こうやってみるととってもオシャレさんですね。
他と違うってことはとても素晴らしい個性でリスペクトすべきポイントですね。
人間世界でも同じですね!

d0376039_00184473.jpg
Trisetella cordeliae
トリセテラ・コーデリアエ
こちらは前回も登場致しましたが追加掲載です。
おかげさまで前回掲載させて頂いたトリセテラたちはほぼ完売となりました。
トリセテラ自体はあまり品種の多い属ではありませんがその魅力を今後もお伝え出来たらと思っております。



d0376039_00273241.jpg
Fernandezia maculata
フェルナンデズィア・マクラタ
と~っても小型で株のサイズに似合わないほど大きくて真紅の花を咲かせます。
d0376039_00292219.jpg
この繊細な感じが育成者魂を震わせてくれます、、。
これだけでもとっても可愛いので是非、チャレンジしてみてください!


d0376039_00322453.jpg
Dichaea hystricina
ディカエア・ヒストリシナ
独特な草姿がなんとも可愛らしい、見慣れない人から見ると
その草姿からは蘭には見えないですが花はしっかり蘭といえる花が咲きます。
d0376039_00341691.jpg
このサイズ感がたまりません、繊細だからこそしっかり育てたくなっちゃいますね。
是非、花を咲かせてみてください。



d0376039_00215883.jpg
Trichoglottis pusilla
トリコグロッティス・プシラ
パープルのストライプが鮮やかで可愛らしい。
どことなく顔にも見えなくはない、、。
d0376039_00261309.jpg
レパンテスやトリセテラは南米原産の欄たちですが
本種はスマトラなどの熱帯アジア原産の小型着性蘭。
こちらも涼しいところを好むようです。


ご紹介させて頂いた小型着生蘭たちの最適な育成温度は約20~24度、
日本の夏場の高温時には大半が耐えられませんので適性な温度管理を行ってください。
なお、あくまでもこちらは目安ですのでご参考にして頂ければ幸いです。



今後はこのような可愛らしい小型着生蘭たちを使用した
レイアウトもご紹介予定ですのでこちらもお楽しみ!!
本日は簡単ですがこの辺で!!
それでは次回更新をお楽しみに~!!

ポッチとするとブログの更新を教えてくれます!!
是非、登録してみて下さ~い!!
更新を通知する


by zero-plants | 2019-03-21 07:13 | 新着・再入荷 | Comments(0)