ブログトップ | ログイン

ZERO PLANTS / BLOG

持続可能な室内ガーデニングや個性豊かで魅惑的な熱帯植物、食虫植物をはじめ自動ミストシステムなどをご提案致しております。


by ZERO PLANTS
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

新掲載のネペンテスたちのご紹介

本日は先日より掲載致しております植物たちのご紹介~

今回はネペンテスがメインとなっております

d0376039_11093888.jpg
Nepenthes diatas
ネペンテス・ディアタス
スマトラ島のアチェ州にあるバンダハラ山の山頂に自生する高山性小型ネペンテス。
自生する標高から推測すると冷やさないと難しいと思いきや意外とすんなり生長してくれています。
当店管理状況は温度20~26度、湿度75~99%といった感じです。
自生環境の温度や湿度の幅が広いのか、、タフな印象を受けます。
d0376039_11155861.jpg
d0376039_11201841.jpg

ディープレッド一色でシンプルですがインパクトのあるピッチャーを付けてくれます。
小さな牙も持っていて、とてもコスパの良いN. エドワードシアナだと勝手に思っております。
当店においても初の取り扱い品種ですが想像以上に美しいネペンテスです。



d0376039_11213463.jpg
Nepenthes pervillei
ネペンテス・ペルビレイ
東アフリカ沖のインド洋に浮かぶ 115 の島からなるセーシェル諸島という
東南アジア以外に自生する数少ないネペンテス。
アダルト株の枝ぶりやピッチャーの付き方がその他のネペンテスと比較するとちょっと変わっていて魅力的な部分でもあります。
販売株はまだまだ幼株ですのでその辺が未熟ですが、是非大きく育てて頂きたい品種。





d0376039_11302448.jpg
Nepenthes lowii "Gunung Murud "
ネペンテス・ローウィー
ボルネオ島固有の本種ですがムルド山に自生するタイプのローウィー。
d0376039_11301362.jpg
アダルト株のピッチャーはとても個性的で人気の高い品種、
このムルド山のタイプはピッチャーの中が赤黒くなるタイプで渋い。
ローウィーは生長が遅く、アダルト株までの道は長いですが育てがいのある品種でもありますね。




d0376039_11402432.jpg
Nepenthes talangensis
ネペンテス・タランジェンシス
スマトラ島のタラン山に自生する比較的小型のネペンテス。
本株は以前より掲載さているものですがピッチャーがそれらしくなってきましたので写真を撮り直し致しました。
株自体はまだまだ幼いですが襟の具合やボディーのまだら模様が良い感じです。
生長とともに変化していくところがネペンテス育成の楽しみにどころですね!



d0376039_11464205.jpg
Nepenthes hamiguitanensis
ネペンテス・ハミグイタネンシス
フィリピンのミンダナオ島に自生し、N. ミクランフォラとN. ペルタタの自然交雑種とされています。
アダルト株はとても変わったスクワット状のピッチャーを付けることでとても特徴的。
まだまだ流通しはじめたばかりですので栽培下での大きな株の参考画像なども出回っていません、、、
是非、大株に仕立てて見て下さい! マイナー品種ですがそれが魅力でもあります。





d0376039_12021553.jpg
Nepenthes surigaoensis / Mt. Masay
ネペンテス・スリガオエンシス
フィリピン、ミンダナオ島のマセイ山に自生する。
d0376039_12022861.jpg

アダルト株のピッチャーはもっと丸みをおび、ずっしりした感じになるようです、、是非見てみたい。
今後の変化はいかに、、。




d0376039_12125374.jpg
Nepenthes clipeata
ネペンテス・クリペアタ
ボルネオ島のケラム山固有の低地性ネペンテス。
こちらも以前より掲載させて頂いている株ですがすくすく生長しておりますので写真の撮り直し。
当店の育成下はよく言われているほどクセを感じておりません。
本種のアダルト株は葉がほぼ円形状になりピッチャーもアウトラインが綺麗でとても個性的。
葉の先端から伸びるつるのつき方も変わっていて、ネペンテスの中でも異質でコレクションにはとてもお勧め品種。





d0376039_12263838.jpg
Nepenthes lowii / G.Tambuyukon
ネペンテス・ローウィー
先程、ローウィーはご紹介致しましたがこちらはタンブユコン山のタイプ。
タンブユコン山でこの株サイズはとても貴重です。

d0376039_12290918.jpg
まずローウィーにおいてこの株サイズ自体あまり流通することがありません。
入荷より半年以上経過した安定株でお勧めです。





d0376039_12351251.jpg
Heliamphora pulchella
( Apacapa Tepui, Venezuela )
ヘリアンフォラ・プルチェラ
アカパカ・テプイ産のプルチェラ。
入荷より数ヶ月経ちようやくそれらしい芽が出てきました。
まだまだこれから変化をしていきますがその変化が楽しみな品種です。




ちょっと番外辺ですが、、、、。
d0376039_12395971.jpg
Platycerium andinum
プラティセリウム・アンディナム
ビカクシダの多くは熱帯アジアなどに自生していますが
本種はなんと南米に唯一自生するとても珍しい一種。
アンデス山脈を意味する名前がとっても印象的。
入荷より数ヶ月経過した安定した株となります。




さら~っとご紹介させて頂きましたが
より詳しくはオンラインストアにてご確認下さい。


それでは本日はこの辺で!!
次回更新をお楽しみに~!!




by zero-plants | 2018-12-13 12:53 | ネペンテス | Comments(0)